医療を志す女性たちへ

腰痛の原因と効果的な対策

不規則な生活が続き睡眠や栄養不足が重なる事で、自律神経が乱れ、筋肉には疲労物質の乳酸が溜まります。その結果、身体に様々な不具合をもたらすことが知られているのです。とりわけ、身体の関節の中でも負荷がかかりがちな腰は、慢性的な痛みを発症しがちです。看護師の場合は、夜勤や残業で肉体的な疲労が重なる事も多く、日々の患者の介助も全身に負担のかかる重労働です。加えて、女性は下半身の筋肉が冷えやすく、骨盤のずれが起こりやすい形状であるために、腰痛は看護師の職業病ともいえるのが実情です。連日の勤務による腰への負担を緩和する為には、コルセットの着用などが効果的ですが、腰の筋肉を冷やさない為に、厚手の素材を用いた下着などを着用する事ができれば、下半身の筋肉の血行が改善します。そのため、保温性の高い下着などの着用は、冷え性を防ぎ、血行を促す効果があるので、腰に疲労物質の乳酸が蓄積され難い状態を形成し、腰の筋肉のトラブル防止に役立ちます。また、休日には長時間の半身浴で全身の血行を促す事に加え、鍼灸や整体などで骨盤のズレなどを正してもらう事も大切です。看護師の場合は、骨盤のずれが原因で血流が滞り、冷え性を誘発して下半身が太くなってしまったり、疲労物質が蓄積されやすくなる事で腰への痛みを発症するケースが多く見られます。そのため、ナースは慢性的な腰の痛みを防止するためにも、定期的に身体のメンテナンスを心掛ける事が重要とされます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です