医療を志す女性たちへ

腰痛はナースの職業病

激務な仕事である看護師にとって、腰痛は職業病ともいえます。長時間立ちっぱなしで仕事を行わなければならない場合もありますし、患者さんの体位変換や移乗などの力仕事が多かったり、重症度が高い患者さんの場合には、何かと介助が必要になってきます。特に、病院勤務の場合、無理な体勢で患者さんに対応することもあり、長時間、中腰でいなければならないことも多くあります。そのため、もともと腰痛持ちだったわけではないのに、看護師の仕事を始めてから腰の痛みに悩まされるようになってしまう場合も多々あります。腰痛の場合、1度かかってしまいますと、なかなか自然に治ることは困難になりますし、改善しようと思っても、すぐに治るようなものではありません。看護師は、常に腰に大きな負担をかけて働いていますから、たとえ、改善に近づいたとしても、仕事をすればまた、腰を痛めてしまうことになるのです。ですから、改善策を行う余裕もなく、腰の痛みに耐えながら、日々の仕事に追われて働くことが当たり前のようになっているのが現状です。しかしながら、腰の痛みを我慢してごまかし続けていますと、取り返しのつかないことにもなりかねません。放っておきますと余計に症状がひどくなってしまいますし、悪化してしまいますと、仕事を続けることができなくなってしまう場合もあるのです。また、日常生活に支障をきたしてしまうこともありますから、腰の痛みを感じたら、すぐに治療をしたり、仕事内容を見直して、病院以外のところに転職をするなど、自分の体を守ることが重要になります。腰の痛みが気になる方へ⇒【看護師のための腰痛対策委員会



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です